せっかく始めたピアノレッスン どうしてやめちゃうの?

ピアノレッスン、どうしてすぐに止めちゃうの?

はじめに

日頃から、ピアノ調律にお伺いした折にお客様から質問されたことや音楽教室での生徒さんからの質問などまとめておいたほうが良いと思っておりました。

特に・・
ピアノも買い揃えてせっかくレッスンを始められたのにすぐに止めてしまわれる方が多いと聞きとても気になっておりました。

ピアノなどの楽器や音楽を末長く(一生の友として)楽しむにはどうしたら良いかピアノ調律師の立場から考えてみたいと思っております。

まだ内容的に不十分ですが随時まとめていきたいと思っております。
posted by FAQ | まえがき

レッスンを止めないで続けるには

ピアノに限らずせっかく始めたレッスンを中途で止めてしまうことはよくあります。

ここではピアノのレッスンを例にしていますが、ほかの習い事にも共通して言えることですので心当たりのある方は置き換えてお読みください。

たとえば
高学年になり塾やほかの習い事が忙しくなってきた。
中学になったら部活で帰宅が遅くピアノを練習する時間が無い。
受験勉強でピアノの練習をする時間が無い。
またリビングにピアノがあり家族がテレビを見ているので落ち着いて練習できない。
などの理由をよく聞きます。

習い始めて数年経ち曲も難しくなり練習時間もそれなりに必要になるころで、ちょうどそのタイミングに受験や部活などが重なるように思います。

習う側の気構えの問題のように思われがちですが、実は教える側にも問題ありと私は見ています。

一人ひとりみな違う人格をもっているので感じ方も様々、同じ曲でも同じように教えていてはダメですし、生徒が常に新鮮な興味を持てるよう教える側は工夫をすべきだと思います。

続く

ピアノ調律を長年しないとどうなりますか

弦が緩みピッチ(音の高さ)が下がります。またアクション動作の設定寸法も次第にずれて弾きにくくなります。
いわゆる狂った状態になり練習や演奏には不適となります。